新築マンションは何階に住むのがおすすめ?

低階数のメリットとデメリットで見分ける


新しく経った新築マンションに引越しをする際に、いったい何階を選べばいいのか?まずここで悩まれる方も多いかと思います。誰かに聞いて見てもそれは個人的意見には反映されないもので、自分がどう感じるかは住んで見なければ分からないものです。ですが例えば低階数のメリットなら、いくつか挙げることができるので、そこから何階にするべきかを考えても良いかもしれません。 低階数なら引越しがスムーズ、災害時に逃げ遅れることも無い、階下を気にすることがなくなる、また庭などがあれば気持ちにゆとりのある生活を送ることも可能です。デメリットを挙げると空き巣の確立が高く、害虫発生が多く、付近の足音、夜間の人の会話や自転車、駐車場が面していれば俳ガスなどがあります。


上階数のメリットとデメリットで見分ける


代わって上階数のメリットには、上階から音が無い、階段の音も気にならない、夜間の人の会話、自転車などの音も気にならない、害虫が無く虫なども上がってきにくい、見晴らしが良いことも最上階の良いところです。デメリットとしては、外気の影響を受けやすく、災害時には逃げ遅れるやすい、雨漏りの被害を受けやすいです。 また地震や台風など災害も一番受けやすいのが最上階のデメリットになっていますが、これら以外にも考えられることは、建物によって異なってくるかもしれません。ですが失敗しないためにも、これらのメリットとデメリットを生かして新築マンションは何階に住むべきかを見分けて、自分が納得した階を選ぶようにして見ては如何でしょうか。