新築マンションを見る時のポイントは?

新築マンションの資産性


新築分譲マンションを購入する場合に、押さえておきたいポイントは資産性です。戸建住宅にも言えることですが、基本的に新築物件に住み始めた瞬間から資産価値は目減りしていくものであり、その資産性の低下をなるべくカバーできる条件を多く備えているマンションを選ぶことが重要となります。 一つは立地条件であり、交通の便が良かったり、すぐ隣に買い物ができる商業施設が立地しているなど、日常生活においてメリットのある条件が多いほど資産価値は保たれ、転売する時でもスムーズに買い手が付くのです。 資産価値の高いマンションには、10年後に転売しても利益が出るくらい条件の良い物件がありますので、様々な視点で資産性を評価し、より高い価値の物件を探してみましょう。


新築マンションの管理体制


良いマンションと悪いマンションを評価する場合に、よく見られるポイントとして管理品質が挙げられます。 マンションにおいて質の良い管理体制というのは、少ない管理費でパフォーマンスの高いメンテナンスが行われているかという点であり、清掃状態や、修繕積立金の徴収状況、適切なタイミングと適切な内容で大規模改修工事を計画しているかなど、マンションを購入してからでしか分からない内容が多いと言えるでしょう。 そのため、新築マンションの管理会社がどのような会社なのか、適切なマンション管理が出来ているのかどうかをチェックすることが重要です。新築マンションを購入する際には、管理会社が他にどのような物件を担当しているかヒアリングし、実際の管理状況を確認してみても良いでしょう。